2015年03月30日

保育園の卒園式のこと

先日、下里しおん保育園で卒園式がありました。
しおんの卒園式では毎年、卒園児が卒園証書をもらうための花道を作っています。
木製の樽型プランターに花を活けこみ、左右に6台ずつ並べるのです。
その木製プランターは、もう20年以上経つかもしれませんが、しおん学園の学園生たちが手作りしたものなんです。
杉板をバーナーで焼き、たわしでこすって煤を落とし、ロウソクを塗り付け、布で拭く。
摩擦熱でロウが溶け、つやのある樽型プランターが出来ました。
今でも、みんなで一生懸命作った日のことを思い出します。
もう、覚えているスタッフもいなくなってしまいまいたが…

DSCF9957.JPG

ずらっと並べるとこんな感じになります。
これが両側にあり、その間を卒園児が通っていきます。

DSCF9969.JPG

上から見るとこんな風に見えます。

DSCF9968.JPG

DSCF9967.JPG

正面の花を活けている壺(花器)は、その昔、私が作ったものです。
これも毎年使っていただいています。

DSCF9961.JPG

卒園式は、懐かしい作品に再会する年に1度の日。
これから先、そんな風に思い出に残る作品を、しおん学園で作っていけたらなと、しみじみ思いました。


posted by 勿忘草 at 18:00| Comment(0) | (紫野) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。